平塚市で給湯器を処分するなら便利屋「なごやか本舗」にお任せください

平塚市で給湯器を処分するなら便利屋「なごやか本舗」にお任せください

平塚市で給湯器を処分する方法と費用

給湯器を手間をかけずにスムーズに処分したい場合は、便利屋「なごやか本舗」にお任せください。給湯器は5,500円~で処分対応いたします。お見積もりは無料なのでお気軽にご連絡ください。

 

平塚市では、自治体サービスを利用して給湯器を処分できます。金属としての分類になるので、コストはかかりません。また、自治体サービスを利用する方法の他には、ガス会社・電気事業者に処分を依頼することも可能です。

 

状態の良いものであれば、リサイクル業者や個人売買にて、売却処分できることもあります。以下に平塚市での処分方法や費用の目安を記載しているので、参考にしてください。

 

処分方法 費用の目安 手間
平塚市の自治体サービスを利用して処分する 無料 × 取り外しなどは別途依頼する必要がある
ガス会社・電気事業者に処分を依頼する 30,000~50,000円 〇 簡単
不用品処分業者を利用する

1,000円~
※取り外し費用が別途必要

〇 簡単
リサイクル業者に買い取りを依頼する

0円(プラスになる場合も)
※取り外し費用別途必要

〇 簡単
便利屋「なごやか本舗」 5,500円~ ◎ 簡単

 

なお、便利屋「なごやか本舗」では、給湯器はもちろん、その他の不要物もまとめて処分いたします。お困りごとのある方は、お気軽にご相談ください。

 

給湯器の処分は、便利屋「なごやか本舗」にお任せください

 

給湯器の処分は5,500円~で承ります。お見積り・ご相談は無料です。


給湯器を処分する際の注意点

コストを抑えて給湯器を処分したい場合は、平塚市で一般ごみとして処分する方法を選ぶ方が多いです。ただし、平塚市で処分する場合、給湯器の取り外しは自力で行う必要があり手間がかかります。

 

給湯器には、水道やガス、電気の配管があるので、誤った取り外し方をすると水漏れやガスが爆発するなどのリスクがあります。そのため、慣れていない場合給湯器の取り外しは、専門業者に依頼するのがおすすめです。

 

平塚市の自治体サービスを利用して処分する際は、給湯器を取り外す作業は別の業者に依頼するなど工夫が必要です。

 

平塚市の自治体サービスを利用して処分する

平塚市では、給湯器を自治体サービスを利用して粗大ごみとして処分できます。金属扱いなので、コストがかからないのがポイントです。

 

ただし、自治体サービスを利用して処分する場合は、給湯器の取り外しを専門業者に依頼する料金がかかります。なお、建物に入っての作業には対応していないので、自力で指定場所まで搬出する必要があります。

ガス会社・電気事業者に処分を依頼する

平塚市で給湯器を処分する場合、ガス会社・電気事業者に引き取りを依頼できるケースもあります。給湯器は「ガス給湯器」と「電気給湯器」とタイプが異なるものがあり、タイプにより依頼先が異なるので、あらかじめ確認しておくとスムーズです。

 

ガス会社・電気事業者を利用する際は、使用している給湯器の会社に依頼すると、引き受けてもらえる可能性が高いです。利用前には、処分に対応しているか、確認が必要です。

 

通常、給湯器本体に問い合わせ窓口の電話番号が記載されてあるので、連絡先が分からない場合は本体を見てみることをおすすめします。

 

なお、ガス会社・電気事業者を利用する場合、取り外しや処分には料金が発生し、かかる費用は業者により異なります。コストを抑えたい場合は、複数見積もりを取ることをおすすめします。相場料金は30,000~50,000円と言われています。

 

ガス会社・電気事業者を利用する際は、工事費、取り外し後の配線処理、処分料金など諸費用がかかることがあります。予想以上に高額となり戸惑わないよう、あらかじめ確認しておきましょう。

リサイクル業者に買取を依頼する

状態の良い給湯器は、リサイクル業者に買取を依頼できる可能性があります。ただし、全てのリサイクル業者が給湯器を取り扱っているわけではないので、あらかじめ確認が必要です。

 

なお、通常、リサイクル業者は取り外しには対応していないので、別途業者に取り外しを依頼するためのコストがかかります。取り外し費用が発生したとしても買取してもらえれば処分費用を削減したり、プラスの報酬を得られたりとメリットがあります。

 

状態の良い給湯器を処分する場合は、リサイクル業者を利用できないか検討してみるのがおすすめです。リサイクル業者を利用する場合、以下の点を把握しておきましょう。

 

  • 製造から3年以内のものなど型が新しいものほど買取が成立しやすい
  • メーカー、型番、年式により買取価格が異なる
  • 「都市ガス」か「LPガス」かなどのタイプにより買取価格が異なる
  • 買取条件として取り外し時の立会いを求められることがある

 

リサイクル業者に買取を依頼できるか判断する際、まずは、製造から3年以内というのを目安にすると分かりやすいです。利用する業者によって買取価格や買取基準は異なります。製造から3年以上経過している型の古いものは需要が低いので、買い取ってもらえないことが多いです。

 

また、リサイクル業者は、取り外し時に立ち会ったもののみを買い取るというルールを設定していることもあります。リサイクル業者へ買取依頼したい場合は、給湯器を取り外すタイミングでリサイクル業者へ連絡するのがスムーズです。

個人売買を利用して処分する

給湯器は、メルカリやヤフオク、ジモティーなどのインターネットを介した個人売買で処分できることもあります。個人売買を利用する場合も、取り外しは業者に依頼する必要があるので、別途依頼することとなります。また、取り外し費用の確認もしておきましょう。

 

出品者が自由に金額を設定できるので、取り外しにかかった費用などを考慮して検討することが可能です。ただし、相場金額とかけ離れた料金設定にすると、買い手が見つからない可能性が高いです。

 

個人売買の場合、料金の未払いやクレームなどのトラブルになることもあります。また、配送料をどちらが負担するかの交渉も必要です。比較的新しい給湯器でクレームの対象になりにくいものを処分する場合や、手間と時間をかけても売却処分したい方におすすめです。

不用品処分業者に回収・処分を依頼する

給湯器は、不用品処分業者に回収・処分を丸投げすることも可能です。業者によって処分費用は異なりますが、回収・処分のみであれば1,000円以下で対応するケースが多いです。

 

ただし、不用品回収業者に取り外しも依頼する場合、高額な費用がかかることもあります。また、取り外しには対応していないケースもあります。あらかじめ見積もりを取った上で依頼するのが安心です。

 

法外な金額を請求してくる悪徳業者もあるので、適正な料金設定になっているか依頼する前に見極めましょう。

給湯器の交換・処分を検討すべきタイミング

一般的に、電気・ガスタイプに関わらず、給湯器の寿命の目安は約8~10年と言われています。ただし、8年以下であっても不具合や故障などで正常作動しなくなった場合は、交換が必要になることがあります。たとえば、以下のような状態になった場合は、交換を検討するのが無難です。

 

  • リモコンにエラーが表示されていて作動しない
  • 浴室のお湯が出ずに困っている
  • お湯に異物が混入することが多い
  • 水圧が安定しない
  • 温度設定や温度調整ができない
  • 貯湯タンクから水漏れが生じている

 

給湯器に何らかトラブルがある状態で使用し続けると、完全に使えなくなり日常生活に支障を来すので早めの対処が必要です。なお、最悪の場合一酸化炭素が発生し一酸化炭素中毒になるなど、トラブルになることもあります。

 

給湯器によって耐久性は異なるので長期間使用できるものもありますが、耐用年数の目安を意識して定期点検し、不具合が生じた場合は早めに交換・処分を検討することが大切です。

給湯器を処分したい方は便利屋「なごやか本舗」におまかせください

給湯器の処分方法や依頼先が分からず困っている方は、便利屋「なごやか本舗」にお任せください。便利屋「なごやか本舗」では、取り外しや回収、処分まで全て対応しています。給湯器の処分は5,500円~で承っています。

 

ご依頼内容や状態、設置環境などにより料金は異なります。お見積もりは無料です。電話やメール、ラインで対応いたします。まずは、お気軽にご相談ください。

 

給湯器の処分は、便利屋「なごやか本舗」にお任せください

 

給湯器の処分は5,500円~で承ります。お見積り・ご相談は無料です。


電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ