平塚市でベッドマットレスを処分するなら便利屋「なごやか本舗」にお任せください

平塚市でベッドマットレスを処分するなら便利屋「なごやか本舗」にお任せください

平塚市でベッドマットレスを処分するなら便利屋「困りごと解決本舗」におまかせください

ベッドマットレスの処分方法にお困りではありませんか?平塚市で不要になったベッドマットレスは粗大ゴミで処分できます。また、即日処分をしたい場合は直接持ち込みでベッドマットレス各種を処分できます。

 

ただし、ベッドマットレスは大きくて箱ビスだけでも一苦労です。さらに平塚市の粗大ゴミ引き取りの場合では、引き取り日に合わせて運び出す必要があります。手間がかかるベッドマットレスの処分ですが、ここでは簡単に処分できる方法や費用などを紹介していきます。

 

ベッドマットレスの処分を簡単に済ませたい方は、便利屋「なごやか本舗」にお任せください

 

ベッドマットレスの処分は8,800円から承ります。お見積り・ご相談は無料です。

 

「平塚市でベッドマットレスを処分する方法」
処分方法 費用目安 処分にかかる手間
自力で解体・分別して一般ゴミにだす 0円~ ×かなり大変
平塚市の粗大ゴミ収集に出す 1㎥あたり3,000円

△やや大変
指定日に所定の場所まで運搬が必要

処理施設に持ち込む 10kgあたり220円〜

△やや大変
積み込みや運搬が必要

不用品回収業者に依頼する 10,000円〜

⚪︎簡単
引き取りから運搬処分を行う

販売店に引き取り依頼する 0円〜10,000円

⚪︎簡単
ただし新品購入が必要な場合もあり

リサイクルショップに買取依頼する 0円〜

⚪︎簡単
出張買取を利用することで簡単に処分可能

個人売買 0円〜

△やや簡単
送付や梱包の手間がかかる

便利屋「なごやか本舗」 8,800円〜

⚪︎簡単
引き取りから運搬、処分まですべて連絡ひとつで完了


自力で解体・分別して一般ゴミとして処分する方法

ベッドマットレスを自力で解体し分別することで、一般ゴミとして処分する方法があります。ゴミ袋に入るサイズまで解体し、スプリングなどの金属ゴミも分別することで費用を抑えて処分することが可能です。

 

ただし、大きいベッドマットレスを解体するには時間もかかる上、大量のゴミ袋や収集場所まで何度も運搬する労力がかかります。時間と根気が必要となるため、すぐに処分したい方には不向きとなるでしょう。

平塚市の粗大ゴミ収集に依頼する

平塚市に依頼して粗大ゴミ収集を依頼する方法があります。事前に平塚市の粗大ゴミ受付窓口に連絡し、引き取り当日まで粗大ゴミシールを購入しておきましょう。

 

処分費用はマットレスの種類によって変わるため、詳しくは連絡の際に伝えられます。ただし、平塚市の粗大ゴミ処分は、必要分の粗大ゴミシールの購入や予約が必要です。また、収集日も決められているため、その日に指定の場所まで運び出さなければいけません。

 

ベッドマットレスは大きく屋外に運び出すだけでも一苦労です。また、連絡から1〜2週間後の引き取りになるため、すぐに処分したい方は不向きと言えるでしょう。

 

費用は比較的安く済みますが、人手と時間がかかってしまうのがデメリットです。

 

くわしくは粗大ゴミ収集の手順をごらんください。

自分で処分施設に持ちこむ

「平塚市の引き取り収集まで待てず、すぐにでも処分したい」といった方は、ご自身で処分施設に運搬する方法もあります。事前に予約をする必要もありますが、処分費用も10kgあたり220円と比較的安く処分できるのがメリットです。

 

ただし、積み込みや積み下ろしをご自身で行う必要や、週末は場内が混雑することがデメリットと言えるでしょう。また、ベッドマットレスを運搬する車両の準備や、ベッドの種類によって処分先が異なるため、手間がかかります。

 

すぐに処分したい方や、人手や車両が準備できる方にとってはオススメの処分方法です。

 

・スプリング入りではないベッドマットレス:環境事業センター(所在地:平塚市大神3-15-1、電話番号:0463-55-6615)へ
・スプリング入りのベッドマットレス:粗大ごみ破砕処理場(所在地:平塚市堤町3番5号 電話番号:0463-22-4557)へ

不用品回収業者に依頼する

運搬や搬出、処分までなるべく手間をかけたくない方は、不用品回収業者を利用する方法があります。不用品回収業者であれば、連絡ひとつで運搬から搬出、処分をすべて行ってくれるため、時間がない方でも手間をかけずに処分ができます。

 

ただし、処分費用の相場がないため、依頼する処分業者によっては費用に大きな差が発生することも考えられるでしょう。

 

そのため、複数の業者から見積もりをとり、費用やサービス内容を確認しておくことが大切です。つまり、その分の業者に見積もりを取ることが続き、結果的に手間がかかってしまう可能性も考えられるのです。

 

中には見積もり内容を不透明にし、高額請求する業者もあります。結果的に費用面で損を被ることも考えられるので、慎重に業者を選ぶことが大切です。

新品を購入した販売店に引き取ってもらう

ベッドマットレスを新たに購入した際、販売店に古いマットレスを引き取り回収してもらう方法もあります。新品のマットレス搬入時に古いマットレスを引き取ってもらう方法です。

 

手間なく処分ができるので、時間がない方にもオススメの処分方法となります。ただし、必ずしも引き取り対応しているとは限らず、また、新しいマットレスを購入する条件があります。

 

処分だけを検討している方には不向きな処分方法です。

リサイクルショップに買取依頼する

自力でベッドマットレスの処分が難しい場合、リサイクルショップの出張買取を利用する方法もあります。出張買取であれば引き取りをしてもらえる上、買取が成立すればお金にもなる処分方法です。

 

魅力的な処分方法ですが、どのようなベッドマットレスでも買取可能とはなりません。買取には「売り物として価値があるのか」などの査定が必要となります。買取される具体例は以下の通りです。

 

買取できる可能性があるもの 買取ができない可能性があるもの
  • 需要が高いブランド
  • 使用頻度が低いもの
  • 比較的新しいもの
  • 美品である
  • ノーブランド
  • 使用期間が3年以上経過している
  • 汚れやシミが多い
  • スプリングがヘタっている

上記はあくまでも一例です。また、出張買取に応じていないリサイクルショップもあるので、事前に確認しておくことが大切です。

個人売買を利用する

メルカリといったフリマアプリや、ヤフーオークションを展開しているオークションサイトなどの個人売買でもベッドマットレスの処分は可能です。

 

また、お金にならなくても、とりあえずベッドマットレスを引き取ってほしいとする場合、近所の引き取り手と直接つながるジモティーを利用する方法もあります。

 

ただし、いずれの方法も引き取り手とのやりとりが必要になり、送料が発生する場合どちらが負担するのかを決める必要があります。また、商品到着後万が一トラブルになれば返品対応に応じなければいけません。

 

売買するユーザー同士が直接つながるジモティーにおいては、引き取り手と直接顔合わせをするため、防犯やプラバシーの観点からすると注意が必要となります。

 

つまり、個人売買はある程度慣れていないと大変な処分方法となるのです。

 

今では個人売買も手軽にできるようになりましたが、ベッドマットレスのような商品が大きくなればなるほど、商品トラブルになってしまうとかなりの手間がかかるでしょう。

 

トラブルをなるべく避けるためにも、知識と経験が必要になるのも個人売買の特徴です。

手間なくベッドマットレスを処分したい方は、便利屋「なごやか本舗」にお任せください

ベッドマットレスの処分にお困りなら便利屋「なごやか本舗」にお任せください。搬出から運搬、処分まで8,800円から承ります。また、すぐにでも処分したい方もぜひお気軽にお電話からお問い合わせください。スピーディーな対応も当社の強みです。

 

ご相談・お見積は無料です。お気軽にご連絡ください。

 

ベッドマットレスの処分を簡単に済ませたい方は、便利屋「なごやか本舗」にお任せください

 

ベッドマットレスの処分は8,800円から承ります。お見積り・ご相談は無料です。


電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ