平塚市でウッドデッキを解体処分するなら便利屋「なごやか本舗」にお任せください

平塚市でウッドデッキを解体処分するなら便利屋「なごやか本舗」にお任せください

平塚市でウッドデッキを解体処分する方法や費用

ウッドデッキ解体から処分まで全て丸投げしたい場合は、便利屋「なごやか本舗」にご相談ください。ウッドデッキの解体・処分は1平米あたり6,000円~で対応いたします。お見積もりやご相談は無料なので、お気軽にお問合せください。

 

ウッドデッキを解体したい場合でも、自力では解体するのは難易度が高いです。また、業者に依頼する場合も、コストがかかるので、依頼に踏み切れない方もいます。ウッドデッキは屋外にあり長年経つと劣化するので、いずれは解体が必要になるケースが多いです。

 

ウッドデッキが劣化して解体が必要になった場合、対処法で悩んでいる方向けに、本記事ではウッドデッキ解体を自力で可能であるかの判断や、処分を依頼する業者を選びのポイントなどをご紹介します。

 

便利屋「なごやか本舗」では現地調査から解体処分までワンストップで対応いたしますので、お気軽にご連絡ください。

 

 

平塚市でウッドデッキの解体・処分にお困りなら便利屋「なごやか本舗」にお任せください

ウッドデッキの解体・処分費用は6,000円から承ります。まずは無料のお見積りやご相談からお気軽にご連絡ください。

 


ウッドデッキの解体を業者に依頼する際の料金相場

ウッドデッキの解体費用は、サイズや状態、作業環境、業者によっても異なります。一般的には、1万円~10万円となるケースが多いです。相場金額としては、28,000円から100,000円程度と言われています。ウッドデッキ解体処分にかかる費用は、以下のような要素により異なります。

 

  • ウッドデッキのサイズ
  • 作業スペースの広さ
  • トラックの乗り入れや駐車場の有無などの作業環境
  • ウッドデッキの設置場所
  • ウッドデッキの材質や構造の特徴
  • 不要品の処分などの依頼内容

 

ウッドデッキの解体費用はコストがかかるので、複数見積りを取り納得した上で比較することをおすすめします。

ウッドデッキを解体処分する目安

ウッドデッキは、ガーデニングに使用したり、洗濯物を干せたりと利便性が高いです。設置にも解体にもコストがかかるので、できるだけ解体したくないという方も多いです。ただし、ウッドデッキは見た目が変わらなくても、劣化していることがあります。

 

とくに、湿気が多いなどの地域に設置されている場合は、注意が必要です。トラブルにならないよう、定期的に点検することをおすすめします。ウッドデッキを解体処分する目安について把握しておきましょう。

 

木材が劣化している

ウッドデッキはメインの材質は木材なので、経年劣化します。ウッドデッキに使用されている木材の種類によっても耐用年数は異なります。建ててから長期間経過している場合は、点検が必要です。

 

たとえば、スギやマツなどのソフトウッドは寿命が短いので、数年で寿命に達することがあります。一方、イタウバやフィエラなどのハードウッドは耐久性が高いので、数十年問題なく使用できるケースが多いです。とはいえ、環境によっても劣化のスピードは異なるので、適宜確認しましょう。

 

シロアリ被害を受ける可能性あり

ウッドデッキを長期間放置していると、シロアリ被害を受けるリスクがあります。ウッドデッキには木材が使用されているため、水分を吸収して細菌繁殖の温床となることがあるのです。場合によっては腐敗することもあります。

 

とくに、腐敗した木材はシロアリの餌にもなるので、被害が広がることがあります。ウッドデッキを起点としてシロアリが大量に発生すると、住宅へも被害が及び、取返しがつかなくなることもあります。

 

ウッドデッキが腐食していたりシロアリ被害を受けたりしていると、最悪の場合、建物の倒壊につながります。実際に、床が抜け落ちたり柱が倒壊するなどの被害発生例があります。ウッドデッキに異変がある場合は、早めに対処しましょう。

自力でウッドデッキを解体処分する際の費用の目安

自力でウッドデッキを解体処分する場合、相場料金は10,000円から30,000円程度となります。ウッドデッキ解体に必要な工具の準備や処分費用などがかかるので、自力で行う場合も一定のコストがかかります。

 

もちろん、業者に依頼するよりも自力で解体する方がリーズナブルですが、かなりの手間がかかります。特殊な工具が必要で慣れないと大変ですし、初めての場合はどのような作業から始めれば良いか分からずに悩む方もいます。

 

とくに、基礎にコンクリートが使用されているウッドデッキは、自力で解体することはできません。材質によっては、DIYに慣れていても、専門業者に依頼しましょう。

 

またウッドデッキを解体すると大量の廃材が発生するので、処分する際にトラックなどの特殊車両を手配しておく必要があります。DIYに慣れている場合はウッドデッキを自力で解体するのも手段ですが、あらかじめ工数を把握した上で取り掛かることが大切です。


ウッドデッキの処分解体費用を抑えるポイント

ウッドデッキをコストをかけずに処分したいと考える方は多いです。費用を抑えるポイントを把握しておくことで、リーズナブルな料金でウッドデッキを処分できます。

 

自力でできない部分のみを業者に依頼する

全てを業者に丸投げするとコストがかかるので、 解体できる部分は自力で対応し、基礎部分など個人でできない部分を業者に依頼するのも手段です。

 

業者への依頼料金は作業の手間によって異なるので、依頼する作業内容が少ないと、コストを抑えられます。また、トラックの操縦に慣れているなど、解体の際に出たゴミの処分を自力でできる場合は、処分費用を節約することも可能です。

 

予算の範囲で依頼できるよう、あらかじめ調整しましょう。ただし、自身でウッドデッキを解体する場合、適切な方法で作業を進めないと、ウッドデッキが倒壊して怪我をするなどのリスクがあります。

 

解体作業に慣れている方や普段からDIYをおこなっている方であれば対処できるケースがありますが、慣れていない方にとってはリスクが大きいので注意が必要です。自信がない場合は、業者へ依頼するのがおすすめです。

 

複数の業者に見積もりを依頼する

ウッドデッキの解体をリーズナブルな料金で行うには、 複数の業者に見積もりを依頼して比較するのがポイントです。

 

ウッドデッキ解体費用は、業者によって大きく異なり、同じ作業であっても、数万円の差が生じるケースがあります。それほど急いでいない場合は2~3社ほどは見積りを取り、作業内容や費用、サービスなどを情報収集しておきましょう。

 

プロに現地調査を依頼する

ウッドデッキの解体費用の設定は明確な基準があるわけではありません。業者によって基本料金が定められており、概算を提示されたとしても、作業を進める途中でオプション料金がかかることもあります。

 

また、構造上個人で解体できないウッドデッキの場合は、 自力で解体作業をしようとすると収拾がつかなくなったり、怪我をしたりするリスクがあります。

 

自力でするか業者に依頼するか迷う場合は、プロに現地調査を依頼し、プロの目線から素人でも解体できるかをアドバイスしてもらうことをおすすめします。

 

また、どのような作業内容がスムーズかを提示してもらうとスムーズです。業者により判断が異なることも多いので、慎重に進めたい場合は、複数社にアプローチするのが効果的です。

ウッドデッキを処分するなら便利屋「なごやか本舗」にお任せください

ウッドデッキの解体を丸投げして手間をかけたくない方は便利屋「なごやか本舗」にご相談ください。ウッドデッキの処分に慣れているプロのスタッフが、全ての作業を行います。

 

まずは現地調査をし、解体費用や必要な工程を判断し、ご提案し、お見積もり金額を提示いたします。お見積りやご相談費用は無料で承っています。

 

平塚市でウッドデッキの解体・処分にお困りなら便利屋「なごやか本舗」にお任せください

ウッドデッキの解体・処分費用は6,000円から承ります。まずは無料のお見積りやご相談からお気軽にご連絡ください。


電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ