平塚市で木の剪定をするなら便利屋「なごやか本舗」にお任せください

平塚市で木の剪定をするなら便利屋「なごやか本舗」にお任せください

平塚市での木の剪定にはどのくらいの費用とポイント

平塚市で、木の剪定を自力でできずに悩んでいる方は、便利屋「なごやか本舗」へお任せください。木の剪定は1時間あたり3,300円~で対応できます。お見積もりは無料ですので、お気軽にご相談ください。

 

庭木が隣の家へ侵入して迷惑をかけていたり、道にはみだしていたりと、悩みのある方も多いです。木をメンテナンスせずに放置していると、周囲に影響するのはもちろん、日当たりが悪くなる原因になります。

 

環境が悪いと植物が正常に生育しなかったり、害虫の被害を受けたりするリスクがあります。ただし、きちんとした剪定をしてもらえない業者に依頼すると、大切な木を伐採されるなどのトラブルになることもあります。

 

便利屋「なごやか本舗」では、長期間メンテナンスできていない木であっても丁寧に剪定作業を行います。お庭のみならず、アパートや施設など幅広い場所で対応可能です。木の剪定関連でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

木の剪定は、便利屋「なごやか本舗」にお任せください

 

木の剪定は1時間あたり3,300円~で承ります。お見積り・ご相談は無料です。


木の剪定にかかる作業時間と料金関連の詳細

便利屋「なごやか本舗」での木の剪定にかかる時間は、1時間当たり3,300円~が基準です。対応するスタッフ1名当たり1時間3,300円と出張料2,200円となっています。

 

その他、庭のメンテンナンス関連の料金の詳細を以下に示しています。依頼内容によって料金が異なるので、ご希望内容がある場合は、参考にしてください。

 

草むしり 1時間4,400円~
草刈り機

1時間3,300円~4,400円
作業料1名1時間3,300円
機械使用料:1時間1,100円
出張料:2,200円

除草剤 1時間1名3,300円~
木の伐採 4,400円~
剪定 1時間3,300円

 

作業を行う際、草刈り機やトリマーなどの特殊な機械が必要な場合は、使用料として1時間当たり1,100円がかかるケースもあります。作業スタッフの人数は、ご依頼内容によっても異なるので、打ち合わせ段階でご相談させていただきます。

 

伐採と剪定は異なる

業者を選ぶ際は、伐採と剪定の違いを把握した上で、希望を伝えることが大切です。伐採は、木を根もとから切る作業であるのに対し、剪定は余分な枝や葉を切るなど、形を整える作業です。適切な技術や知識のない業者を利用すると、大切な木を台無しにされることもあります。

アパートや空き家など幅広い場所で対応可能

お庭のみならず、アパートやマンション、空き家など幅広い場所で対応可能です。

 

空き家の庭木の剪定にも対応可能

離れてい暮らしているなど事情があり放置している空き家がある場合、庭が荒れ放題になっていることもあります。実際に、自力で対処できずに、草むしり・草刈り・剪定を定期依頼する方もいます。

 

季節によって庭の適したメンテナンス方法が異なりますが、とくに夏場は注意が必要です。というのも、夏場は植物が成長する時期なので、長期間メンテナンスしていないと、荒れ放題になります。

 

庭の木が伸びて荒れてしまうと害虫や野良猫の被害を受けることもあります。景観も損なわれるので、周辺の方からの苦情がくることもあります。

 

平塚市の便利屋「なごやか本舗」では、空き家のメンテナンスをサポートいたします。空き家に出向くことができない場合も、定期的な剪定や草むしりを依頼したい方向けには、状況に応じてお得になプランをご提案できる可能性もあります。まずは、お気軽にご相談ください。

 

アパートやマンションなどの敷地内の木の剪定に対応可能

樹木は見た目を楽しめたり、目隠しになるなど様々なメリットがあり、アパートやマンションにも積極的に採用されています。

 

ただし、適切にメンテナンスをしていないと、景観が悪くなったり、害虫の被害を受けたりと、様々なリスクがあります。樹木を保有している方は、以下のような点に悩み、木の剪定を依頼しています。

 

  • 木が生い茂っていて日当たりが悪い
  • ベランダに枝が入ってきて日常生活に支障を来している
  • 樹木が生い茂り大量の虫が発生している
  • 毛虫が大量発生している
  • 木が伸びきって枝が車や電線などに当たっている
  • 木で陰になり苔が生えている

 

なお、賃貸マンション・アパートに樹木がある場合、樹木関連で悩んでいたとしても、自身の判断で動けないこともあります。

 

便利屋「なごやか本舗」では、アパート、マンション、法人、空き地、管理駐車場など、幅広い場所での木の剪定作業や必要な場合のやり取りなどに対応しています。管理物件の木や生垣のお手入れについてお悩みのある方も、お気軽にご相談ください。

剪定は害虫の繁殖・病気を防ぐことに有効

樹木があり、環境が悪くなっていると、害虫の被害を受けることがあります。とくに健康被害のある害虫が発生した場合は、注意が必要です。

 

たとえば、毒を持った虫にかまれたり、皮膚のかゆみやアレルギーなどが生じるリスクもあります。すでに害虫の被害を受けている場合は、薬剤の散布などで対応可能です。

 

また、木のメンテナンスが十分にできていないと、大切な木が正常に発育しないので、早めの対処が必要です。便利屋「なごやか本舗」では庭木の消毒も承っており、料金の目安は以下のようになっています。

 

  • 低木(0~3m):1,800円/本
  • 中木(3~5m):3,600円/本
  • 高木(5~7m):9,000円/本

 

害虫の被害を予防するには、定期的に木の剪定をするのがおすすめです。とくに、虫が発生しやすい時期は、被害を受けないようあらかじめ対策しておく必要があります。

 

薬剤塗布で対応するのは、周辺住民への影響などを気にする方も多いです。自然な形で対策したい場合は、剪定で対策するのがおすすめです。


木の種類により剪定のタイミングが異なる

木の種類により剪定に適したタイミングが異なるので、あらかじめ情報収集した上で剪定作業を行うのがおすすめです。タイミングよく定期的な剪定を行うことが、木を良好な状態に保つポイントです。木の剪定には、以下のようなメリットがあります。

 

  • 害虫の被害が発生しにくくなる
  • 洗濯物を日当たり良好な環境で干せる
  • 風通しが良くなる
  • 防犯対策になることがある

 

余裕がある場合は、毎年、夏と冬に剪定を行うと、木の発育状態がよくなります。休眠時期と言われている11~2月に行うと、木への負担が減ると言われています。

 

また、8~10月は木が活発に発育するので、伸びた部分のみを切るなど、必要な剪定を行うことが可能です。木の種類による最適な剪定時期が分からない場合は、専門業者へ相談すると情報をもらえます。

 

常緑針葉樹を剪定するタイミング

常緑針葉樹は寒さに強いので、3~5月が剪定時期としておすすめです。10~11月に剪定すると、枯れ葉を落とすことができます。常緑針葉樹の例としては、松、杉、ヒノキ、コニファーなどがあります。

 

常緑広葉樹の剪定タイミング

常緑広葉樹は、春先の3~6月に剪定するのがおすすめです。きれいにメンテナンスしたい場合は、8~10月に軽めの剪定を行うケースもあります。常緑広葉樹の例としては、椿、サザンカ、キンモクセイ、サツキなどの植物が挙げられます。

 

落葉広葉樹の剪定タイミング

落葉広葉樹は、葉が落ちた後である12~2月に剪定を行うのがおすすめです。また、スムーズな発育を促すには、軽めの剪定を3ヶ月に1度程度行うのが効果的です。落葉広葉樹の例は、ヤマボウシ、ハナミズキ、モミジ、アオダモなどがあります。

 

剪定は冬場に行うのがおすすめ

夏は枝葉が伸びるので焦りが生じ、木の剪定をしなければと焦り、剪定を開始する方が多いです。しかし、夏は木が活発に成長する時期なので、一気に剪定しない方が良いといわれています。剪定作業を一気に進めると、木の生命力が弱まることがあります。

 

枝が伸びすぎて生活に支障を来しているなど、状況によってはすぐに剪定が必要なこともありますが、そのような場合は軽めの剪定を行い、しっかり剪定するのは、夏場は避けて冬場に計画するのがおすすめです。

 

なお、夏場は剪定しても伸びるのが早いので、剪定したとしてもそれほど効果を実感できません。夏場に管理しやすいよう、冬場に剪定をして備えておくのがスムーズです。また、大きな枝を切るような大がかりな剪定を行うのであれば、剪定後のメンテナンスも必要になります。

 

たとえば、植物の発育に不具合が生じないよう、殺菌剤を切り口へ塗布するなどの対処を行います。慣れていない方は適切にメンテナンスできないことが多いので、自信がない場合は、専門業者へ相談するのがおすすめです。

料金設定は業者により異なるので相見積もりがおすすめ

剪定は様々な業者が対応しており、依頼先としては、以下のような例があります。

 

  • 木の剪定関連の専門業者
  • 植木屋・造園会社
  • 庭師・ガーデナー
  • 庭職人在籍の業者
  • ホームセンター
  • 便利屋

 

業者によって剪定関連の料金設定は様々ですが、日当制もしくは単価制のいずれかを採用している業者が多いです。日当制は、スタッフ1人につき1日あたりの料金設定もしくは、スタッフの労働時間1時間あたりの料金設定となっているケースが多いです。

 

人数やかかる時間により料金が異なるので、あらかじめ確認が必要です。一方、単価制を採用している業者は、スタッフの人数やかかる時間に関わらず剪定する木1本の木あたりで料金設定しています。

 

たとえば、3m未満の低木は3,000円程度、高さ3~5mの中木の場合6,000~7,000円などと、剪定の手間に応じて料金が定められています。木の状態や性質などによっても変動することがあります。以下のような要因で料金が変わることが多いです。

 

  • 剪定する木の種類
  • 木の太さ・長さ・固さ
  • 剪定を依頼する木の本数
  • 木が生えている場所の環境(植え込みか生垣かなど)
  • トラックを乗り入れられるなど周辺の環境

 

作業環境は、「剪定場所が狭くて入りにくい」「車を入れられず徒歩で移動する必要がある」「坂や崖の上など作業環境が不安定」など、作業に手間のかかる要素がある場合にオプション料金がかかります。

 

また、出張費や剪定した枝の処分費用など、その他諸費用がかかることもあるので、見積もりの段階で総合的な費用を確認しておくのがおすすめです。

 

なお、できるだけコストをかけたくない場合は、複数の業者の見積もりをとり比較することで、安く済ませられる業者が見つかります。料金の相場を把握することにも効果的です。ただし、木の剪定は業者により作業の質も異なるので、あらかじめ情報収集することが大切です。

 

便利屋「なごやか本舗」では、無料でお見積もりいたします。予算の範囲内で作業したいなど臨機応変に対応可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

木の剪定を自力で行う際のポイント

木の剪定は、剪定する木の種類や性質などにより、剪定に適したタイミングが異なります。あらかじめ情報を把握しておくと、スムーズに剪定できます。伸びた部分の軽めの剪定であれば、時期をそれほど気にする必要はないですが、メインの剪定は、冬場に行うケースが多いです。

 

枝の密度が増えすぎないようこまめに剪定する

大がかりな剪定をしなくても、こまめな剪定で枝の密度を減らすことが可能です。細かい枝を切らずに放置していると、日当たりが悪くなるなど環境が悪くなります。場合によっては木の発育に影響することがあります。枝の密度を減らすには、こまめに剪定を行うのがポイントです。

 

枝の密度を減らすと、日当たりが良くなったり、風通しが良くなったりと、環境が改善します。とくに、自宅に生垣がある場合は、定期的な剪定を行うのが見た目をきれいに保つポイントです。

 

作業環境によっては業者へ依頼するのがおすすめ

足場が悪いなど木の剪定作業を行うのが難しい環境の場合や、慣れておらずどのように剪定すれば良いか分からない場合は、業者へ依頼するのが無難です。たとえば、以下のような場所での作業はリスクが高いので、業者の利用を検討するのがおすすめです。

 

  • 足場が不安定で脚立が安定せず危険性がある
  • 傾斜があり姿勢が安定しない
  • 作業場所が狭く剪定作業をしにくい
  • 伐採した枝などごみを処分するのが大変
  • 近くに車を入れられない

 

自力で剪定作業を行う場合は、作業環境を確認したり、伐採した枝の処分方法についてもあらかじめ計画しておくと、スムーズです。

平塚市での剪定枝の処分方法

平塚市では、サイズにもよりますが、剪定枝を無料で処分することが可能です。

 

落ち葉 可燃ごみ
枯葉 可燃ごみ(1回で出せる量は、45L袋で3袋まで。)
剪定枝として戸別収集

 

ただし、量や長さ、太さによって収集方法が異なるので、確認が必要です。束ねるなど手間はかかるので、忙しい方は業者に以来するのがスムーズです。

 

剪定枝の各戸収集を利用する

平塚市では、リサイクル原料の確保や焼却量の減少を目的に、剪定枝の各戸収集を行っています。

 

粗大ごみ等・剪定枝予約受付専用ダイヤル 電話:0463-24-1610
受付時間

月曜日から金曜日
8時30分から17時まで

混雑時期

4月・5月:新緑の時期・ゴールデンウィーク
10月・11月:落葉時期
12月:新年を迎える時期

予約時の確認内容

樹木の種類
剪定枝の大きさ(太さ、長さ)
剪定枝の束数
住所
氏名
連絡先など

収集方法 収集予定日の早朝から午前8時30分までに、剪定枝を収集予定場所に出す
条件

1本の大きさ:太さ10cm以下、長さ80cm以下に
ひもなどで束ね、1束の大きさを、太さ30cm以下、長さ80cm以下にする基準に合わない枝や幹は、太さ32cm以下、長さ40cm以下にする

剪定枝として収集できないもの
  • 落葉、草:可燃ごみ扱い
  • アジサイ、アロエ、茎・葉・実、サボテン、ススキ、バショウ、バラなどの草に近いもの:30cm以内に剪定して可燃ごみ扱い
  • アケビ、フジ、ブドウなどのつる性のもの:30cm以内に剪定して可燃ごみ扱い
  • アオバキミガヨラン、カナリヤシ、キンポウラン、笹、シュロ、ソテツ、竹、ニオイシュロランなどの繊維質が強いもの:30cm以内に剪定して可燃ごみ扱い
  • アセビ、イチイ、ウルシ属、ハゼの木、キョウチクトウ、シキミなどの有毒植物:30cm以内に剪定して可燃ごみ扱い
  • 果実、実:可燃ごみ
問い合わせ先

収集業務課
〒254-8686 神奈川県平塚市浅間町9番1号 別館2階
直通電話:0463-21-8796
ファクス番号:0463-36-2352

 

混雑時期は、予約受付の電話がつながりにくくなったり、収集まで時間がかかることがあります。あらかじめ予約し、収集予定日、収集予定場所を確認します。予約から収集まで、原則、1、2週間程度かかるので、早めに予約することをおすすめします。

 

収集時の立ち合いは不要であり雨天時の収集もあるので、便利です。ただし、事業活動に伴い発生したものは、対象外となります。造園業者などに剪定を依頼したものは収集できないので、注意が必要です。家庭の庭木などを剪定した枝が対象となります。

 

葉付きでも良いですが、実は取り除き、可燃ごみに出す必要があります。根は、土を取り除くことになっています。なお、資源化できないものは、剪定枝としての収集に対応していません。

 

可燃ごみとして処分する

剪定枝の収集の対象外となるものは、可燃ごみとして処分できます。1回の収集につき、45Lのポリ袋で3袋もしくは3束までとなっています。

 

多量にある場合は、複数回に分けて出す必要があるので、労力がかかります。また、基本的には30cm以内に剪定する必要があり、大きい場合は負担が大きくなります。

木の剪定を行いたい方は便利屋「なごやか本舗」にお任せください

木の剪定から、処分まですべてを丸投げして手間をかけたくない場合は、平塚市の便利屋「なごやか本舗」へご相談ください。木の剪定や処分は、1時間あたり3,300円~で承っています。剪定・処分をワンストップで行います。お見積もりは無料です。やメール、ラインで対応いたします。まずは、お気軽にご連絡ください。

 

木の剪定は、便利屋「なごやか本舗」にお任せください

 

木の剪定は1時間あたり3,300円~で承ります。お見積り・ご相談は無料です。


電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ